スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the milky tangerine presents sympacityを探せ vol.2

IMG_2770.jpg

昨日は下北沢BASEMENT BARで行なわれたthe milky tangerineの企画ライヴ「simpacityを探せ Vol.2」を観てきました。

仕事終わりで駆け付けたので、最初の方を見逃してしまい、到着した時には[lifter]のライヴが始まっておりました。
[lifter]はとても爽やかな4人組バンド
ギターのSuzuki-manさんは、ミルタンTシャツを着込んでの気合い入りよう。
下北沢の夜をほんわかさせる素敵な演奏でした。

続いての登場は、よしむらひらくさん。
アコギ一本弾き語りスタイルのカッコ良さが際立っておりました。
声がとても素敵でした。

そして、万を辞しての登場は、我らがthe milky tangerine!

一曲目は「Image Town」。
アジアンテイスト漂うギターリフからのスタートで、じわじわ会場も熱を発しだしました。
続いて二曲目は、新曲の「模型仕立てのオレンジ」。
今回のライヴのチケット予約用に用意された新曲3曲のうちの1曲。
タイトルの言葉遊びの巧さに脱帽です。

「Happy Future Love」「Picasso」「Your Beautiful Mind」「渋谷買物構想曲」でポップチューンピース!
「切ないダンスミュージック」で切なくなって「宇宙の歌」でさらに切なくなるというね。
順番間違えてるかもですが、本編はこんな感じで、アンコールには「また明日ね」。
ギターの丹野氏のヴォーカルが切なく響く名曲です。

そう、ミルタンってカッコいいし面白いし、メンバーはみんな楽しそうに演奏するのに、何故か切なくなるんですよね。
切ないっていうか、甘酸っぱいのかな?
なんかこう、心に何かしこりが残るような…。

アホみたいに突き抜けた明るさよりも、少し心にしこりが残る方が、個人的には好きです。
ミルタンは、そんなボクの天邪鬼なハートにドンズバと踏み込んで来るのです。

年末にはワンマンライヴがあるというハナシ。
残念ながらボクは行けないんですけど、興味がある方は是非!!


sympacitysympacity
(2013/09/04)
the milky tangerine

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ライヴ バンド

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。