スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADWIMPS LIVE 2013 春ウララレミドソ

昨日は横浜アリーナで行なわれたRADWIMPSのライヴ「RADWIMPS LIVE 2013 春ウララレミドソ」を観に行って来ました。
音もだちのヘムヘムがRADさんのファンで、「観に行かない?」と誘われまして、全く予備知識のないまま、ヘムヘムが録ってくれたアルバム「絶体絶命」と、iTunesStoreからダウンロードした数曲だけ聴いて乗り込んでみました。
いかんせんメンバーが何人居るのかも知らないというひどい状態で…。

結論から申しますと、とても楽しかったです。
想像していた以上にクオリティの高い演奏で、特にベーシスト・武田氏の演奏力は素晴らしかったです。
まだ若いバンドなのに、とてもしっかりした世界観を持っていて、非常に面白かったです。

横浜アリーナを埋められるほどの人気があるというのも驚きました。
ファンの年齢層は若干低めですが、ヴォーカリスト・野田氏のカリスマ性による人気の高さを思い知りました。
かといってMr.CHILDRENやスピッツのような、ヴォーカリスト絶対主義的な趣も少なく(そういうのも決して嫌いなわけじゃないですが)、個々のメンバーの色が出ている印象でした。

ただ、アーティスト主体のライヴという感じを強く受け、観客はただそれを受け入れるだけという印象もありました。
所謂コール&レスポンス的なものも無く、演奏される音と映像に併せてライヴはただただ流れていくというような…。

…いや、最近オレが見てるライヴが、どれもお客とのやり取りで進行するライヴが多かったからそういう印象を感じただけであって、お客さんたちは決して不満ではない…むしろ「洋次郎ありがとー!」と感謝の言葉を叫ぶくらいだったので、それはそれで良いんだろうと思います。
実際とてもカッコ良かったし面白かったので、それで良いとは思うのですが…。

面白かったのはアンコールで、メンバーが客席後方から現れ、客席センターに仕込まれた円形ステージ上で演奏するという場面がありました。
野田氏ご本人が音声のディレイ感を口にしながらも、ルーパーを駆使して音を何重にも重ね、それに併せて各メンバーが演奏するさまは、非常に高い技術を要する演奏だったことと思われます。
そこまでしても、観客の近くで演奏したかったというメンバーの気持ちが表れた、とてもイイアンコールでした。

しかし、3時間弱の公演時間はさすがにちょっと長い…。
終わったあとお腹空いたけど、店が閉まってるわ終電に響くわで断念しました( ´・ω・`)

総括ですが、彼らのような若くて個性的なバンドが増えていくのは、ロックファンとして嬉しいものですね。
そして僕自身もまだまだそこまでの若いバンドに辿り着いていないので、もっともっといろんな音楽を聴いて良いバンドをDigって行こうと思います。

セトリ!!!
http://www.setlist.mx/concerts/10688
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ライヴ バンド

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。