スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scoobie Do live tour「Funk-a-lismo! Vol.7」

今日は、恵比寿リキッドルームで行なわれたScoobie Doのライヴ「Funk-a-lismo! Vol.7」を観て来ました。

感想から云います。
素晴らしいライヴでした!
昨年初めて観た時も思ったんですが、Plus One More(Scoobie Doのライヴではお客さんはこう呼ばれます)の一体感が兎に角スゴい!!
これほどまでに一体になったライヴは、そうそうありません。
その分、Scoobie Doのファンじゃない人には敷居の高いライヴかも知れません。
ただ、この輪の中に入った時の痛快さは並みじゃありません。

ヴォーカルのコヤマシュウは云いました。
「お前の音を鳴らせば、それがロックンロールだ!」と。

そう、やり方なんてどうだって構わない。
自分のやり方で、やりたいようにやれば良い。
彼らが鳴らした音楽を受けて、心の中に響いた音が音楽となって鳴り始めれば、それでもうロックンロールが出来上がるのだ…と。

また、彼はこんな事も云いました。
「お前らの事はおれらが一生面倒見てやる」

びっくりしました、そして感動しました。
ロックバンドの中に、仮にもお客様に対して、こんな事を云う人がいるでしょうか?
コヤマの発想は飛び抜けていて、度肝を抜かれます。
でもきっと信じて任せていいのでしょう。
毎日生きて行く上で、つらい事もあるし、ムシャクシャしたりする時もある。
そんな時は彼らのライヴを観て、馬鹿騒ぎをして元気になれば良い。
だからいつでも来い…と、彼は云います。

ニューアルバム「Miracles」からの曲を中心に、新旧織り交ぜたノンストップダンスナンバーの嵐。
キーボードに高野勳、そして3名のホーンセクション“ミラクルズ”をゲストに迎え、暴風雨が直撃する恵比寿で、熱すぎるライヴを魅せてくれたScoobie Do。
今僕が一番大好きなバンドです。

set list(某所より拝借)

01:ありふれた愛を
02:Walkin' Around
03:真夜中のダンスホール
04:PLUS ONE MORE
05:甘い未来
06:永遠と赤いバラ
07:言葉になんてならないね
08:ABC☆123
09:ドア
10:恋の彗星
11:あと1秒の夜が
12:踊りませんか
13:Back On
14:Mighty Swing
15:Tighten Up
16:Oh Yeah!
17:ミラクルズ

encore1
01:イキガイ
02:バンドワゴン・ア・ゴーゴー

encore2
01:夕焼けのメロディー


そして…。
来年1月9日に横浜のCLUB Lizardにてライヴ。
対バンはなんとカジヒデキくんヽ(・∀・)ノキャー!!

そしてそして…。
2月には沖縄での公演も!!

来年のScoobie Doも見逃せません!!!!


『MIRACLES』『MIRACLES』
(2011/10/05)
SCOOBIE DO

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Scoobie Doライヴ「FUNK-A-LISMO! Vol.6」

昨日は恵比寿リキッドルームにてScoobie Doのライヴを観てきました。 夏にRock in Japanで初めて観て、それ以来楽しみにしていたワンマンライヴ。 こんなにカッコいいバンドを15年もスルーしてたなんて、...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。