スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COUNTDOWN JAPAN 10/11 day3

はい、前々回の日記にも書いた通り、昨日はCOUNTDOWN JAPAN 10/11に参加するため、幕張メッセまで行って参りました。
http://countdownjapan.jp/1011/

実は29日の晩にバンドのスタジオ練習を夜通しやってて、睡眠時間2時間ほどでしたけど、意外と眠くなくて、身体もそれほど疲れてないので、我ながらタフだなぁ…と感心w

幕張メッセはひたちなかと違って近いし、行き馴れてるしで、楽勝楽勝。
ほぼ時間通りに到着して、グッズなども一通り見る事が出来、13時から予定通りライヴを観始める事が出来ました☆



13:00
Good 4 Nothing


前々からずっと気になっていたバンドだったんだけど、ぶっちゃけ可もなく不可もなし。
よく言えば、期待を裏切らない、カッコ良くて楽しいライヴを観せてくれました。
本日最初に観るバンドとしては満足。



グループ魂

OKAMOTO'Sまでの間、ちょっと時間が空いたので、少しだけ覗いたら喋ってたw



14:30
OKAMOTO'S


満員御礼!!w
中に居たので解らなかったですが、入場規制がなされていたようです。
リハで「The Kids are Allright」や「Walkin' the Dog」を聴かせ、既に演奏が始まってるのかと勘違いさえ起こしそうな状態の中、メンバーは一度奥に引っ込んでから定時に再登場。
一曲目からいきなり「マダラ」!!
ああもうこいつら本気だ、本気で来てる…と思わずにはいられない選曲。

それにしても、レイジのドラムはホントにスゴイ。
見せる事、魅せる事をしっかりと解っていて、恐るべきチルドレン。
ハマちゃんのベースもものすごいグルーヴ感で、今後が本当に楽しみなバンドです。



15:15
佐野元春


HAPPY MAN
ガラスのジェネレーション
君をさがしている(朝が来るまで)
欲望
ヤング・フォーエバー-Young Forever-
SOMEDAY
NEW AGE

先ずもうその佇まいがカッコいい!
一曲演り終えると、身体は直立のままで、首だけをコクリと下げるあの感じ。
当時の佐野元春を知ってるヒトならきっと思い浮かぶでしょう。
年齢を重ねても、そのスタイルは全く変わらない。

面白かったのは、「SOMEDAY」だけがほぼ当時のアレンジのままだった事。
この曲だけはやはり、佐野自身ににとっても特別なんでしょうね。

そう、バックバンドがHOBO KING BANDだったのも嬉しかった!
しーたかさんと長田さん、久しぶりに観たけど全然変わらないっすね。
キーボードは………KYON???
ドコのオッサンだ??って思ったんですけどwwwwww

とにもかくにも、佐野元春の変わらないスタイルが、やたら感動的でした。
「彼女は虚ろなマーマレード/雨に向かって歩いて行く」なんて、彼にしか歌えないですよね。



ORANGE RANGE

ギターうるせえ。
3人もヴォーカルが居るのに、これっぽっちも届かなかった。



16:45
マキシマム ザ ホルモン

恋のメガラバ
F
What's Up, People?!
包丁ハサミカッターナイフドスキリ太
皆殺しのメロディー
ロッキンポ殺し
糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
A・RA・SHI
握れっ!!!

一曲目、年末なのにまさかのメガラバwwwwww
そしてまさかの「皆殺しのメロディー」!!!!
恒例の麺硬こってりのあとに、まさかの「A・RA・SHI」wwwww
もう笑いが止まらないステージングでした。

ナヲちゃんは相変わらず面白かった。
子供産んでも面白かった。
もしかして子供産んだ事さえも冗談なのかとさえwwwww
でもやっぱナヲの声はアガる!!!!!!!!!!



18:00
ザ・クロマニヨンズ

オートバイと皮ジャンパーとカレー
伝書鳩
あったかい
底なしブルー
ボンジュールロマンマン
グリセリン・クイーン
スピードとナイフ
ひらきっぱなし
エイトビート
ギリギリガガンガン
紙飛行機
タリホー

クロマニヨンズはいつでも観られるし、他のを観ようかな…と思ってたんだけど、ホルモンちゃんですっかり盛り上がってしまい、そのままの勢いを持ち込んでしまいました。

最初の5曲はニューアルバムからと云う事で、それなりの反応だったけど、「グリセリン・クイーン」からの怒濤のヒットパレードで、かなりアガりました。
「ひらきっぱなし」はキますね、ライヴでも盛り上がる!

「エイトビート」の「ただ生きる/生きてやる」でヒロトが拳を突き上げる姿に、思わず泣きそうになりました。
マーシーのギターのアクシデントなどもあって最初はちょっと冷やっとしましたけど、最後は「タリホー」で会場一丸。
まさに最高のロケンローでした。



19:15
斉藤和義

Are You Ready?
Stick to fun! Tonight
ずっと好きだった
Small Stone
彼女
I Love Me
ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~
歩いて帰ろう

初めてのナマせっちゃん。
フジファブリックの山内氏を加えたギター3本での演奏。
例のポッキーギターも登場して、今回も沢山のギターを使ってくれました。
ベリベリと歩いて帰ろうで完全にスパークし、力つきました。
ここで、僕自身のカウントダウンは終了。
海浜幕張駅へと向かいました。



今回はホント見たい人がずっと繋がってて、他にも見たい人たちがいっぱい居た(SAKEROCKの星野君とか、モーモールルギャバンとか)んだけど、カブってて全然見られませんでした…。
今回観られなかった人たちはまた次の機会に……。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ バンド

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

おお!

ホルモンさんのA.RA.SHI聴きたいwww
イントロからやったのかなぁ、♪ちきそうそうってwwwwwww
ipodでもあがるのに、バンドサウンド(厚)だったら尚更あがりそだw

タリホーやべえグリセリンクイーンやべえ!
またお話聞かせてね!
フジって今どうなってんだろ;;

そうそう

>式波さん
そうなの、最初♪ディキソウソウ!ディキディキソウソウ!♪って歌い始めて、「ああ、最近嵐にハマってるみたいだからなー」って思ってたらラップまでやり初めて、「まさかね、まさかまさか」と思ってるうちにサビまでwwwww
結局最後にナヲちゃんが歌い上げるところまで、完璧にコピーしてましたよwwwww

確かにホルモンちゃんの演奏と相まって、すげーカッコ良くなってたよ。
あれはヤバい、笑いが止まらなかったもんwwwwww
プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。