スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Rolling Stones

最近ビートルズにハマっているという話をこちらで書きましたが、そのせいかどうかはともかく、せっかくなのでローリング・ストーンズも聴き直したりしております。

まぁ、ストーンズは聴き直すと云うほど聴いていなかったわけでもなく、常にiPodには「Forty Licks」が再生準備オッケーの状態なんですけど、やっぱどうもこう、それだけじゃ物足りないので、オリジナルアルバムも入れていってるワケです。

で、ビートルズとストーンズ、どちらが好きかなんていう下世話な話は、もはやこの21世紀において全く以て無意味でしかないのですが、「明日から貴方はビートルズかストーンズのどちらか一方しか聴いてはいけません」と云われたら、迷わずストーンズを聴きますね、僕は。

これは別にストーンズが上とかビートルズが下とかそういう事を云いたいわけではないので、あしからずご了承ください。
究極の選択としてどちらを選ぶか…という話ですね。
ちなみにこれ、ビートルズ解散の年、1970年までの双方の全アルバムで決めたとしても…です。
いや、むしろその方がありがたいか(゚∀゚)アヒャ

改めて聴いていても、ストーンズの方が耳にしっくりくると云うか、身体にすんなり入ってくると云うか、血流がよくなるというか(ほんとかよ)、そういう事なんですね。
ミックの声が、キースのギターが、チャーリー・ワッツのドラムが、僕にはしっくりくるのです。
ブライアンもミック・テイラーもビル・ワイマンも、もちろん好きですし、ロン・ウッドも大好きです。

ビートルズはあの4人だから良い。
ストーンズは、一人ひとりが良い。
決定打はそこですかね。

ビートルズは生で観る事が出来なかったけど、ストーンズはこれからも観る機会があるかもしれないと思うと、それもまたちょっとワクワクする要因ですね。
やはり僕はライヴバンドが好きみたいです。

Forty LicksForty Licks
(2002/10/01)
The Rolling Stones

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。