スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沸騰!KINGとCHAMPな男達

昨日はCLUB QUATTROで行なわれたSCOOBIE DOとRHYMESTERの対バンライヴ「沸騰!KINGとCHAMPな男達」を観て来ました。

SCOOBIE DOの自主レーベル「CHAMP RECORDS」が10周年ということで記念されたCLUB QUATTROの企画シリーズで、9月にキュウソネコカミ、10月にThe Birthdayと対バンをしてきましたが、11月は満を持しての朋友RHYMESTERとの競演でした。

かねてからのファンク仲間であるこの二組、以前にも何度か競演の場は有りましたが、今回はがっぷり4つに組んで、大阪、名古屋、東京の3会場での公演。
ライヴ自体も、各グループの持ち時間があってからのセッションタイムを設けており、しかもそれが各自の本編よりも長いというw、云ってみれば長年蓄積してきたセッションをココで一気にお見せしようではないかという、両者のファンからすれば夢のようなライヴでございました。

ステージ上にはMOBYのドラムとDJ JINのDJセットが横並びに設置され、ステージバックには両者のダブルネーム入りフラッグが掲げられておりました。

先行は我らがRHYMESTERから始まり、いきなり新曲を2曲ぶっ込んでくる辺り、かなりの本気度が伺えました。
一方後攻の我らがSCOOBIE DOは、今年の初めに発売されたアルバム「AWAY」の曲を織り交ぜつつ、どちらのファンだろうが関係ない、好きに踊れと言わんばかりに、熱いロックを奏でてくれました。

そして最後はセッションタイム。
そう、これが非常に長かったw
セッションやアンコールの枠を超えた、もはやそれだけで興行に出れるレベルの熱い時間でした。

終わってみればあっという間だった3時間強のステージ。
ホントこれで終わりじゃもったいない。
いっそのこと、電気グルーヴ×スチャダラパーみたいに、ひとつのグループとしてアルバムなりライヴツアーなりをやってくれたらいいのになーって思いました。

…とまあ、そのくらいカッコ良くて素敵なライヴでした。

まさに最トゥザ高!!
最高でざいましたのです。


スポンサーサイト

tag : 音楽 ロック ライヴ ギター バンド ベース DJ ラップ

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。