スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ウケる

いよいよ来週の土曜日に迫ってまいりました、超ウケる

わたくしが所属するバンドCHICKEN and DOGSが主催致しますライヴイベント「ウケる」の、今回は第10回目の記念開催でございます。

今回は出演者が7組。

わたくしことナカムは、CHICKEN and DOGSのライヴは勿論、我々チキドンの朋友・GILL氏のバックバンドを務めますのと、casiotikaとしてオープニングアクトでDJプレイをやります。

もしよろしければ遊びにいらしてくださいませ。
いや、もう遊びに来ちゃえよ!
来ちゃえばなんとかなるよ!

超ウケるは3月5日土曜日。
場所は関内駅の目の前、セルテ12FのB.B.STREET!!

皆様のお越しをお待ちしております!
来てね!来てね!!来てね!!!





スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ライヴ バンド

山崎まさよし「"Twenty First Century Men" TOUR 2015-2016」

2016年2月17日。
渋谷NHKホール。

その男は徐ろにステージに歩いて登場し、ギターを弾き始めた。
エルモア・ジェイムスか、はたまたフレッド・マクダウェルか、左手の指先に塡めたボトルネックが指板の上で軽やかに躍る。

遅れてドラマーとベーシストも登場。
古くからギターの男をサポートし続けるこの二人。
彼らもまた、ギターの男に魅了され、彼を支え続けてきたのであろう。

山崎まさよし。
デビューから20年を迎えてなお、音楽の道を探求し続ける男。
彼のアニバーサリーを祝うライヴステージは、こんな感じで始まった。

1曲目は「××しようよ」。
思いがけないこの一曲。
だけど彼の歴史には欠かせない。

つまり、きっと今回のステージはそういうことなのだろう。
20年の活動の間、節目節目で彼を彩ってきた名曲の数々。
ステージが進むにつれて、その意味が少しづつ解けていった。

MCはさほど入らず、次々に繰り出される楽曲たち。
時にアコギ、時にナイロン弦、セミアコ、そしてチェンバーボディのストラト。
曲によってギターを持ち替えながら、或いはギターを置いてピアノに座り、美しき音色を奏でていく。
彼が20年培ってきたスタイルだ。
その会場にいる誰もがきっと、彼の音に酔いしれていた。

水曜日の夜、コンサートの開始は19時。
それでも彼は、アンコールも含めた3時間近いステージをこなして、楽屋に戻っていく。

「山崎サーーーン!!!」

やにわに会場内に響き渡る声。
ステージ袖から現れた二人組。

ドラえもんとのび太くん。

ええええええええ????
ここで登場する?????
まじかwwwwwwww

…というわけで、映画「ドラえもん」の主題歌を本人たちの目の前で最後に披露してくれた山崎さん。
ちょっと面白かったですw

そんなわけで、今回のライヴは本当にすごく楽しくていいライヴでした。
もちろんこれまで観てきたまさやんのライヴも楽しかったんですけど、僕個人的には今回のセトリは最高!!
アコギ率の高さがその楽しさに拍車をかけました。

やっぱまさやんはアコギがいい。
あのサザンジャンボの音色は唯一無二。
観に行ってホント良かったです、はい。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ライヴ ギター

柳田久美子トリオ ライヴ

昨日は渋谷のcafe & diner スタジオで行われた、柳田久美子さんのライヴを観てきました。

CbJXXykUsAA6JO5.jpg

前回のライヴから2週間。
いや、実は前日2月13日にもソロライヴがあったのですが、仕事の都合で残念ながらそちらには伺えず、2週間の間に3形態の柳田ライヴを観るという念願は果たせませんでした。

…とはいえトリオ形態でのライヴはまるっと1年ぶりだったので、こちらだけでも観に行けてよかったです。

IMG_7148.jpg

さてさて今回のライヴは、「Twilight」というDJイベントにゲストで参加されるということで、どういう感じになるのか楽しみでもありました。
会場はカフェのようなバーのようなところで、僕が辿り着いた時には既に盛大な盛り上がりの真っ只中。
若干のアウェイ感も感じましたけど、柳田さんのライヴが始まった途端、そこはもうクミコワールド。
お馴染みの曲で繋ぎつつ、オモシロMCで会場を盛り上げていくあたり、いやほんと流石だなと思いました。
これこそ柳田さんの人の良さの為せる業だなと感心してしまいました。

ツッチーさんとおっちーさんの演奏も相変わらず素敵。
バンドスタイルの時も、もちろんそれはそれで素晴らしかったのですが、柳田久美子といえばやはりトリオでしょ?と言わんばかりの結束力。
「YesNo」のヴォーカルインのタイミングもバッチリ決まって、素晴らしいチームワークを堪能させていただきました。

それと同時に、大いに盛り上がる会場の空気。
「LoveSong×LoveSong」のコール&レスポンスも大盛況で、季節外れに暖かくなったヴァレンタインデーの夜がさらに熱くなりました。

IMG_7151.jpg

個人的に嬉しかったのは、「スロウダンス」の7吋に収録されたブロウモンキーズのカヴァー「Digging Your Scene」と、アンコールで「愛の正体」を演奏してくれたこと。
この2曲を聴けただけで、今回のライヴに行った甲斐があったというものです。

お土産に手作りクッキーまでいただき、素敵なヴァレンタインデーになりました。

次のライヴが楽しみ。
なんだか、the milky tangerineの復活の話も浮上してきたし、この後も柳田さんは僕らを楽しませてくれそうです。




テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ

柳田久美子 ワンマンライヴ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します(おっそ!

昨日は下北沢のBAR?CCOで行われた柳田久美子さんのワンマンライヴを観てきました。
IMG_9576.jpg

今年のライヴ初め。
実は前日にKEMURIのツアーファイナル、ゲストRIZEのライヴチケットを手に入れてたんですけど、仕事が終わらず行けませんでした。
本当ならそれがライヴ初めだったんですけど、結果的に柳田さんを今年最初に観ることになりました。
IMG_9577.jpg

結果から申し上げましょう。
最高のライヴ初めでございました。

今回のライヴはいつものトリオ編成ではなく、ドラムとベースが入ったバンド形態。
しかもドラムは北山ゆう子さん!
ベースは伊賀航さん!!
ね?最高でしょ?やばいでしょ?

そしてキーボードは越智祥子さん。
おっちーさん、昨年ご結婚されたそうです。
ブログで何だか幸せそうな日々を書き連ねてたり、引越しされてるのを読んでたので、もしかして?とは思ってたんですけど、やっぱりでした!
おっちーさん、本当に本当におめでとうございます!!

この偉大なるメンバーを従えて登場するは、我らが柳田久美子!!

ライヴが始まる前に、少しお話しをさせて頂きました。
髪の毛をバッサリと切って、厄落としだと笑っておりましたが、数日前に腰を痛めたとのことで、必ずしも体調は万全ではなかったようです。

…が、始まってしまえばいつものクミコスマイル。
ニューアルバム「YOU ONLY LOVE ONCE」の曲を中心に、「スロウダンス」や「恋はさいだぁ」などお馴染みの曲や、はたまたバンドスタイルだからこその曲など、沢山た〜くさん披露してくださいました。
IMG_9578.jpg

個人的に嬉しかったのは「絵になるうた」。
これは僕が「もしかして今回のライヴでやるかな?」って妄想してた曲だったので、ハートにズバッと来ましたね!

その他にも、昨年夏にTSUTCHIEさんが音楽を担当した「GANGSTA.」の中の、柳田さんヴォーカル曲も披露されて、もう本当盛り沢山のライヴでした。

今回観てて思ったこと。
おっちーさんのピアノが大好きな僕ですが、何が好きってその指さばきの美しさ。
白くて長い指が転がる様がなんともお美しい。
あー、好きだなー、おっちーさんの指…って思いながらふっと柳田さんを見たとき、セーハする指の美しさにこれまた見惚れてしまいました。

もちろん、伊賀さんの流麗なベースラインを奏でる指もカッコ良かったです。
感想が指の話ばっかりってどうよ?w
北山さんのドラムはタイトで心地良くて、あらきゆうこさんや山口美代子さんに次いで僕の大好きな女性ドラマーの一人になりましたよ、ええ。

ライヴ終了後に物販で、ニューアルバムとTシャツを買わせていただき、CDにサインしてもらいました。
IMG_9582.jpg

さらにずうずうしくも、着ていったTシャツにもサインを貰いました。
IMG_9581.jpg
これはもう我が家の家宝です。
「一生洗いません!」って柳田さんに云ったら、真顔で「洗った方が良いよ」って云われました。
真面目か!w

そんなわけで最初にも申しましたが、最高のライヴ初めとなりました。
柳田さんのライヴは、2月にもまたあるとのことなので、それにも出来るだけ行きたいと思います。

今年は大好きな人のライヴを沢山観に行くんだ!!

IMG_9579.jpg
おっちーさんのノードステージと、柳田さんのJ-185。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ バンド

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。