スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-GIRL POP WAVE -LIVE 20150616-

昨日は新宿ReNYで行われた「J-GIRL POP WAVE -LIVE 20150616-」に行って参りました。
出演はまなみのりさ、GALETTe、Dorothy Little Happyの3組。

当然のことながら僕はドロシーちゃんを楽しみに観に行ったのですが、まなみのりさは以前TIF2013で観た時にすごくカッコ良かったのを憶えてるし、GALETTeはお初ですので当然楽しみにしておりました。

予定通り19時開演。
会場の入りはイマイチでしたが、新宿ReNYはいつもスシ詰めのイメージがあるので、少しゆったりと観ることが出来て良かったです。
トップバッターはまなみのりさ

TIF2013で観た時は妖艶な感じの衣装でしたが、今回はとてもアイドルらしいというか、恐らく歳相応の可愛らしい衣装で登場。
活動歴の長い彼女たちですから、完成されたパフォーマンスはとても素晴しかったです。
特に僕個人的には、みのりさんの切れ味するどいダンスと、金髪ショート、そしておっきなおっぱいに釘付けでした(。-_-。)ポッ

彼女たちもまたNegicco同様、Perfumeチルドレンと申しますか、3人組アイドルユニットとしての誇りを持った素敵なグループだと思いました。

set list
01:ポラリスB
02:花魁サンダー
03:桜エトランゼ
04:ポラリス Episode ZERO
05:ポラリスAb

続いてはGALETTe

ステージを拝見するのは初めてだったのですが、こちらもまた3人組で、僕の大好きな感じのグループ。
中でもメンバーの一人、ののこさんは如何にも僕が好きそうなw、唄とダンスが巧くて、しかもいい笑顔。
ちょっとjuice=juiceのさゆべぇに似てるかな?
彼女たちも他の多くのアイドルグループ同様、活動期間は短いけど、紆余曲折を経て今に至るという経歴をお持ちのようで、それでもステージでは一生懸命に歌い踊り、最高の笑顔を見せてくれるのがとても好感触。
これからも頑張って欲しいなぁと切に願うばかりです。

余談ですがツイッターでJGPWを観てきた旨をツイートしたところ、メンバー3人それぞれからふぁぼを戴きまして、そういうマメなところもファンにはたまらないんだろうなぁと感心しました。
あ、もちろん僕自身も(。-_-。)

set list
01:Brand-New Style
02:She is WANNABE!
03:至上の愛
04:air summer
05:Pink Cotton Flower
06:JUMP for a dream
07:Beautiful World
08:Upbeat people
09:じゃじゃ馬と呼ばないで

トリはDorothy Little Happy

僕にとっては、先日のメンバー3人脱退の報道を受けてから初めて観るライヴでしたが、パフォーマンス自体はいつもと変わらない完成されたステージ。
とはいえあと残り1ヶ月ほどしかない5人での活動は、彼女たちの心にどう影響しているんだろうか?と疑問にもなりました。
今回のライヴの選曲などにも、イカンとは思いつつもついつい色んな意味を探してしまいます。

7月12日の中野サンプラザまで彼女たちは走り続けるのでしょうから、僕もまたいちファンとしてその活動を目に焼き付けていきたいと思います。
そして、まりさんとかなさんの2人になったドロシーが、一体どういう風に展開していくのか…についても、今から楽しみではあるのです。

set list
01:デモサヨナラ
02:look at me
03:壊れちゃう 崩れちゃう
04:見ていてエンジェル
05:青い空
06:CLAP!CLAP!CLAP!
07:Tell me tell me!!
08:未来への虹
09:明日は晴れるよ

そんなわけで、とてもいいライブイベントでございました。
今回出演した3グループはいづれもTIF2015に出演(正確にはcallmeも出演するので4グループ)されるので、そこでのパフォーマンスもまた大いに楽しみであります。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ アイドル

ハイレゾメタリカ

メタリカの最新ライヴ音源が、MP3もハイレゾも全て5ドルでダウンロードできるようになっております。
http://www.livemetallica.com/live-music/0,514,199/Metallica-mp3-flac-download-6-6-2015-X-Games-at-Circuit-of-the-Americas-Austin-TX.html

僕はALAC-HDをダウンロードしましたが、いつも使ってるiPod touchとヘッドホンなのに音圧が段違いでした。
これは買いです!

7月15日までらしいので、興味がある方はお早めに!!

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

彼らが46歳だった頃

手前味噌ではございますが、先日ワタクシ46歳になりまして…。

こんぬつわ、ナカムです。

ふっと考えたんですけど、著名なミュージシャンが46歳の頃は何をやってたのかな?って…。
でもって調べてみたら、色々と面白かったです。

まずキース・リチャーズ。
キースの46歳の時は、ちょうど「スティール・ホイールズ・ツアー」で初来日した頃でした。
たしか僕が初めて東京ドームで観たコンサートが彼らだった気がします。
一塁側のほぼ端っこで、チャーリー・ワッツの姿が見えず、右耳と左耳で聞こえてくる音が違うのがすごく違和感でした。

エリック・クラプトン、彼は46歳の時にジョージ・ハリスンと日本に来日しました。
東京ドームでのコンサートは、当時僕も観に行きました。
あの時のエリックが今の自分と同い年だと思うと感慨深いです。

ジェフ・ベックは46歳の頃、アルバム「GUITAR SHOP」を出して間もない頃。
ジミー・ペイジはネブワース1990の頃ですね。

マディ・ウォーターズが46歳の頃はなんと1961年。
まだビートルズが「Love Me Do」でデビューする前ですね。
マディと同い年なのが、奇しくも今日6月9日に生誕100年を迎えたレス・ポール氏。

そしてそのビートルズ…ポール・マッカートニーはアルバム「Flowers in the Dirt」を発表するちょっと前くらい。
僕的にはあまり馴染みのない時期だなぁ。

ボブ・ディランが46歳の頃は1986年。
ちょうど「Live Aid」に出演した翌年くらいですね。
「Live Aid」は当時ナマで観てましたよ、フジテレビ系列で。
録画したビデオもまだ取ってあります。
でももうDVDになって販売されてますね。

改めて調べていくとまだまだいろんな情報が出てきそうですが、今回はこのへんにて。
年代と歳を照らし合わせて大体の活動を挙げただけなので、厳密にはまだ誕生日を迎えてなかったりしてちょっと違うかもしれません。

まあ、彼らに比べたら、僕の46歳なんてのは鼻くそにも満たないですが、ちょっと面白かったのでブログにアップしてみました。

ほなまた(・ω・)ノシ

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ライヴ バンド

karipac - THE LOVE SONG feat.初音ミク

久しぶりにkaripac名義で一曲作りました。



作ったと言ってもガレバンのありモノループを組み合わせて、初音ミクを乗せただけなんですけども…。
もしよろしければお聞きくださいませ。

久しぶりにガレバン開いたらバージョンアップで全然変わっちゃってて、使い勝手が全然違うから参りました><

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック

LA-PPISCH What's the difference ?

10602445_2158070046_177large.jpg
一昨日は川崎のクラブチッタで行なわれたレピッシュのライヴ「What’s the difference ?」を観てきました。

前回観たのが2013年の9月なので、1年8ヶ月ぶりくらい?
今回のライヴは前回観た時のセットからガラッと変わって、マニアックな曲も多く、非常に楽しかったです。
恭一曰く自分で作ったのも憶えてないっていう曲もw
ぼく個人的には大好きな「水溶性」や「ハッピーエンドが好きなのに」、さらに「混沌とした時代」や「東京ドッカーン」などなど、他にも知らない曲とかあって、じわじわ来ましたw

「LOVE SONGS」の演奏時に恒例のマグミクラウドサーフィンがあって、今回は支えに行くぞー!と気合い入れて行ったんですけど、僕のとこにたどり着く前に2回ほど将棋倒しになるハプニング。
ケガ人が出たんじゃないかと心配になりましたが、大丈夫だったみたいです。
だもんでマグミがステージに戻るときは、マグミではなくお客さんを支える方に徹しました。

また、アンコールで「アニマルビート」をヤってる途中、地震が発生しまして、チッタ名物の六芒星トラスが大いに揺れました。
マグミは「チッタは一度移転して耐震構造になってるから大丈夫」と云ってましたけど、頭の上で大きく揺れるトラスを見てたらなんだか心配に…。
それでもダブルアンコールで「KUMAMOTO」演奏終了までの間、何とか無事に過ごせました。

しかし、ライヴが終わって川崎駅に行くと、地震の影響で電車が停まってて、帰れないという大誤算。

いやはや全く、アレコレとハプニングが多い一日でございました。
しかしながら非常に楽しい、思い出に残るライヴでした♪

set list(某所より抜粋)
For You
美代ちゃんのxxx
F5
タンポポ
ハッピーエンドが好きなのに
サイクリング
ジャックの憂鬱
Second Wind
CONTROL
ソラミミ
パーティ
東京ドッカーン
miracle
混沌とした時代
回送電車
ドライブ
OUR LIFE
Water
LOVE SONGS
Magic Blue Case

en1
水溶性
VIRUS PANIC
ANIMAL BEAT

en2
プレゼント
KU・MA・MO・TO

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ライヴ バンド

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。