スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DLH定期ライヴ in 横浜

今日はDorothy Little Happyの定期ライヴでした。

場所は新横浜のNEW SIDE BEACH!!
この会場、元々はサウンドホールという名前で、手前味噌ではございますが、ワタクシが以前やってたバンドで何度も出演させて頂いたライヴハウスなのです。
そんな思い入れの深い場所でドロシーちゃんたちがライヴをやるってんだから、そりゃあ行かないわけには行きませんよね。

今回ワタクシは昼の部だけ参戦しました。
昼の部はProduced By みもり。
みもりさんによる選曲で、個人的にはとても良いセットでした。
いきなり2曲目に「GET YOU」を持って来てビックリ。
1曲目の「colorful life」からの合わせ技で、初っ端から興奮度マックスでした。

「ストーリー」、「Hi So Jump!」や「Life goes on」など、僕好みの歌が続々でゾクゾク!
O-EAST公演の時にはまだ名前が無かった新曲の「sky traveller」も、今回初披露の「恋の花火」も良かった!
特に「恋の花火」は、ギターがグルーヴィーでカッコイイ!!
僕の一番お気に入りの「nerve」のギターに匹敵するカッコ良さでした。
CD発売が楽しみ!!

目の前にフリコピおじさん(白髪、メガネ、Tシャツイン、真顔)がいて、ちょっと鬱陶しかったけど、とても楽しかったです。

夜の部が、るーちゃんプロデュースだったそうなので、そっちも観るべきだったなーと後悔( ´・ω・`)
でも良いの、るーちゃん直筆サイン入りTシャツをゲットしたので(`ω´)グフフ
IMG_0668.jpg


set list(オフィシャルブログより)
1 colorful life
2 GET YOU
3 2 the sky
4 ストーリー
mc
5 部屋とパジャマと私
6 ソウル17
7 Hi So Jump! -HAPPY DANCE REMIX-
mc
8 sky traveler
9 Life goes on
10 恋の花火
mc
11 ASIAN STONE
12 nerve
13 My Darling
14 恋は走りだした
15 ジャンプ!
mc
16 未来へ
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ アイドル

無人島 ~俺の10枚~

HMVオンラインの名物コーナー「無人島 ~俺の10枚~」を、個人的にやってみましたの。

一応は順不同です。
もはやどれが一位とか決められないアルバムばかりです。

01:Metallica「Metallica」

MetallicaMetallica
(2013/09/24)
Metallica

商品詳細を見る

言うまでもなく、メタリカが1991年にドロップしたモンスターアルバム。
未だに根強い人気があるのも頷ける名作中の名作。
「Ride The Lightning」と迷うところですが、僕自身の影響力の高さからこっちで。

02:電気グルーヴ「イルボン2000」

イルボン2000イルボン2000
(2000/07/19)
電気グルーヴ

商品詳細を見る

ライヴ音源をエディットしまくった変態アルバム。
時代と云ってしまえばそれまでだけど、今聴いても存分に頭がおかしいので、何度でも聴き返したいです。

03:Led Zeppelin「Physical Graffiti」

フィジカル・グラフィティフィジカル・グラフィティ
(2005/05/25)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る

単純に、収録曲数が多いので楽しめるという、それだけでw
でも実際に佳曲が多いこの作品は、僕の中で一番好きなアルバムです。

04:Joe Pass「Virtuoso」

バーチュオーゾバーチュオーゾ
(2007/09/19)
ジョー・パス

商品詳細を見る

恐らく死ぬまで聴き続けるであろうこのアルバムは、当然無人島でも聴くつもり。
但し他のアルバムを存分に聴いたあとの箸休め的に聴くことが多いんじゃないか?と。
パスのギターはたまに聴く程度にとどめておかないと、アタマがおかしくなりそうで。

05:Rodrigo y Gabriela「Rodrigo y Gabriela」

激情ギターラ!激情ギターラ!
(2008/03/05)
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

商品詳細を見る

ニューアルバムも発売になったロドガブですが、やはりファーストインパクトの高さはこちらで。
あと単純に無人島で爆音で鳴らしたら、きっと気持ちが良いんだろうなぁ…と思って。

06:The Stone Roses「The Stone Roses」

ザ・ストーン・ローゼズ-20th アニヴァーサリー レガシー・エディションザ・ストーン・ローゼズ-20th アニヴァーサリー レガシー・エディション
(2009/10/21)
ザ・ストーン・ローゼズ

商品詳細を見る

まあ、コレですよね、当然。
好きだから持っていきます、それだけです。

07:The White Stripes「Elephant」

エレファントエレファント
(2003/03/19)
ザ・ホワイト・ストライプス

商品詳細を見る

これも相変わらず飽きないですね、ずっと聴いていられる。
ジャック・ホワイトのソロも、それはそれで良いんですけども、やっぱメグのドラムの上で歌うジャックが好きだなー。

08:相対性理論「シンクロニシティーン」

シンクロニシティーンシンクロニシティーン
(2010/04/07)
相対性理論

商品詳細を見る

いやもうなんとなくw
でもやっぱ相対性理論の中ではこのアルバムが一番好きです。

09:Red Hot Chili Peppers「By the Way」

BY THE WAYBY THE WAY
(2002/07/10)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

商品詳細を見る

レッチリのアルバムならどれ?ってなった時に、実は僕はコレ。
「母乳」や「ブラッドシュガー」も勿論大好きですし、無人島で一人寂しく「カリフォルニケイション」を聴くのもアリだとは思いますけどもね、僕自身が受けた影響力という意味では、コレに尽きると思います。

10:Hi-STANDARD「GROWING UP」

グローイング・アップグローイング・アップ
(1995/11/01)
Hi-STANDARD

商品詳細を見る

まあね、彼らからの影響力は計り知れないですから、まごうことなく持っていきます。
どのアルバムでもイイんですけど、やっぱ一番聴き込んだのはコレなので…。

オリジナルアルバムを主体に選んでみましたが、ホントなら全部ベストアルバムで10枚選びますよね(゚∀゚)アヒャ

あとやっぱまあ、5年後は全然違うと思うし、10年前もこうじゃなかったし。
今選ぶ10枚ってことで…。

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック

EXTREME 25th ANNIVERSARY JAPAN TOUR

昨日は、かの渋谷公会堂で行われたExtremeのコンサートを観に行ってきました。
25th アニバーサリーということで、大いに盛り上がったコンサートでした。

まだ東京1公演、大阪1公演が残ってるので、内容を知りたくない方はご注意くださいませ。

さて、ワタクシのようなにわかファンでも大いに楽しめたコンサートではありましたが、前日の人見記念講堂のセットと比べると、ボストン2009に近いセットだった気がします。
「Decadence Dance」のイントロ部分が長い!幕がバーンって落ちてからが長い!
その間のゲイリーのポーズがウザイw

でもやっぱ1曲目がデカダンって、個人的にはすごく盛り上がります。
にわからしくおとなしく観てようと思ったけど、ダメでした。

ヌーノはいつもの使い込んだN4を使用し、後ろにはシグネチャーのランドールアンプ。
「Color Me Blind」でロゴ無しのN4に持ち替えましたが、アレが例の新しいステンレスフレットモデルなのかな?
遠めだとどちらも同じに見えなくもないけど…。
音はどちらもすごくいい音でした。
CDで聴く音より断然好きな音でした。

ちょっと気になったのは「Play with Me」のソロのとき、やたら退屈そうにため息をついてたんですけど、あれはなんだったんでしょうね?
その姿はさながら、弱い対戦相手を前にして欠伸を噛み殺す範馬刃牙のようでした(-ω-)ゥンゥン

ドラムのケヴィンさんのプレイも最高でした。
アグレッシヴにしてワイルド!!しかも音デカイ!!!!
歴代ドラマーの中で一番スキ。
もみあげと髭がさらに増えてて、次に見るときはきっと顔じゅう髭になってると思います。

ゲイリーさんは…髪が伸びててしかも薄いので、なんとなく80年代のクラウス・マイネを髣髴する見た目。
そんで、見てて思ったんですけど、あの人ホントウザイ( ´・ω・`)
一緒に居たらすげーめんどくさそうなタイプ。
でも「Take Us Alive」の間奏で、ベースアンプに飛び乗って、さながらカウボーイのような振る舞いを見せたときは、その身軽さに圧倒されました。

ベースのパットさんは、アンコールにてアクションカムを取り付けたヘルメットをかぶって登場。
あの映像は何処かで見ることが出来るのでしょうか?

いやまあそれはともかく、Extremeのライヴは面白いという評判を前々から聞いておりましたが、実際に観ていて本当に楽しかったです。

そしてやはりヌーノ・ベッテンコートはカッコいい。
服のセンスはちょっとあれですけど、ギターを持って佇む姿は言葉に変えられないほどの美しさ。
女性客が多かったのも頷けます。

ケータイやスマホでの撮影は特に禁止ではなかった(フラッシュ撮影やデジカメでの撮影は禁止)ので、何枚か撮ってみましたけど、いかんせん遠かった…。
最前でバシャバシャ撮りまくってた人たちが羨ましいです(´Д⊂グスン

856262802.jpg BpsH4p3CcAIG3oa.jpg BpsH4ssCQAI-Eg8.jpg

SET LIST(ウドーホームページより抜粋)
http://www.udo.co.jp/News/201406/index.html#140610
2014年6月9日(月) 渋谷公会堂

DECADANCE DANCE *3
COMFORTABLY DUMB *5
REST IN PEACE *2
IT('S A MONSTER) *3
COLOR ME BLIND *2
FLESH 'N' BLOOD *1
KID EGO *1
PLAY WITH ME *1
MIDNIGHT EXPRESS *4
MORE THAN WORDS *3
CUPID'S DEAD *2
TAKE US ALIVE *5
HIP TODAY *4
AM I EVER GONNA CHANGE *2
FLIGHT OF THE WOUNDED BUMBLEBEE *3
GET THE FUNK OUT *3
〜 ENCORES 〜
WHEN I FIRST KISSED YOU *3
DARK HORSE [KATY PERRY『PRISM』]
WARHEADS *2
HOLE HEARTED *3
*1 Al.『EXTREME』
*2 Al.『Ⅲ SIDES TO EVERY STORY』
*3 Al.『PORNOGRAFFITTI』
*4 Al.『WAITING FOR THE PUNCHLINE』
*5 Al.『SAUDADES DE ROCK』

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ライヴ ギター バンド

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。