スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たのしい おんがく

昨日は代官山LOOPにて行なわれた「たのしいおんがく」というイベントライヴを観に行ってきました。
友人のmonotoyさんが出演するので行ったんですけど、とても楽しいイベントでした。

代官山LOOPは2回目。
とてもいい小屋です。
代官山駅からだとちょっと歩くけど、あの街並みはそれも楽しいです。


雪さえ降ってなけりゃな(`ω´)



monotoyさんの昨日のライヴの模様(一部)
リミッターがかかり過ぎてて臨場感が伝わりづらいですね、すいません( ´・ω・`)
ライヴで音も綺麗に撮れるビデオカメラが欲しいなぁ…。

しかしながら、monotoyライヴのすさまじさは、動画ごときじゃ伝えきれません。
ホントにすごいです。
陳腐ですけど、すごいという言葉以外思い浮かびません。
自分で打ち込みをやる人なら、即興で構築しながら組み立てていくと云う事が如何に大変な事かお分かり頂けると思います。

サンプラーとルーパーの可能性を極限まで、これでもかと引き出して来るmonotoyライヴ
是非一度ご覧下さいませ。

*=~*=~*=~*=~*

そして、昨夜のライヴは5組のご出演。

森心言
girl
monotoy
名前のないぼくら
柳田久美子

皆さんとても良かったです。
特に、大トリで出演された柳田久美子さんが非常に良かったんで、此処でご紹介。

柳田久美子 - 恋はさいだぁ

柳田さんの声は僕のツボでした。
優しさと強さを兼ね備えた素敵な歌声。
TSUCHIEさんのバッキングも哀愁があってすごく良かったです。

柳田久美子オフィシャルサイト
http://www.yanagidakumiko.net/home.html

オフィシャルブログ「雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ」
http://blog.livedoor.jp/yanagida_kumiko/

ツイッターもやっておられます。
https://twitter.com/#!/YaNaKoooo

柳田久美子さん、要注目です。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ

ギタリスト福山雅治

IMG_0182.jpg
今月の「ギターマガジン」の特集は、福山雅治さん。

以前ココで「是非使用機材の特集を!」と話してたんですけど、まさかホントに特集されるとは!!

サポートメンバーの今剛さんと小倉博和さんの機材も紹介されております。
福山ファンならずとも、ギター好きなら必見です。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

Newギター

IMGP5903.jpg

久しぶりにギターを買いました。

山野楽器オリジナルの、レスポールスペシャルタイプです。
http://www.yamano-music.co.jp/hard/userProdDetail.do?goodsCode=G000022273
デジマートで最初に発見して、一目惚れ…っていうか、この仕様はまさにあのお方のギターそのまんまなので、前々から気になってた仕様ではあったんですが…ショップオリジナルのノーブランドだった事が大きな要因になりました。

バッカスやブリッツからも同じタイプのビグスビー付きSPが出てますけど、こっちに決めたのはノーブランドだった事と、ヘッドの王冠がかわいかったからです。
いや、まあ、それ以外にも理由はありますよもちろん。

下記はサイトの紹介文です。


各限定4本のみカスタムオーダー!
シンプルな故にこだわりました。

プロヴィデンス擁するパシフィクスとの共同開発モデル!
限定4本のカスタムオーダーモデル!
トップ・ミュージシャンからの信頼も厚い、プロヴィデンス擁するパシフィクス社との共同開発モデル!
国内製造による、とにかく素晴らしい仕上がり。
そのサウンドには脱帽です!



国内工房にて製作。
オールドライクなラッカー・フィニッシュに加え、ボディ材には上質なアフリカンマホガニーを採用した事により、レンジの広い、ブライトなトーン、芳醇なボディ鳴りを体感することができます!
ピックアップは某有名国内工房にてこのモデル専用にワイヤリングされたP-90タイプを搭載!
太く艶のある、音抜けの良い爽快なトーンをアウトプット!
ハードウェア関連も安心の品質とクオリティで、もはやワールドスタンダードとなっているGotoh社製のものを使用!
リプレイスメントパーツの定番である、オレンジドロップのキャパシタ、世界品質のSwitch Craft アウトジャック、スイッチと、どれをとっても申し分の無いハイスペック!!


この仕様、国内製造による高品質でこの価格を実現出来たのはまさに奇跡的としか言いようがありません!

今回、ビグスビー、Badass Six Saddle Wrap-Around Bridge、チューン-O-マチック/ストップバーテールピースの3パターンをラインナップ!
しかも各4本ずつと、数に限りが御座います!
貴方のお好みの一本を是非!!



Body:African Mahogany

Neck:Mahogany

Fingerboard:Indian Rosewood

Pickups:Original P-90 Type

Tuner:Gotoh SD90-05MA Ni

Bridge:GE104B(Ni)&Bigsby B7

Pot:CTS 250

Capacitor:Orange Drop

OutJack:Switch Craft

Finish:Lacquer

with Gig Case 、保証書



わざわざこのモデルのためにワイヤリングしたというPU。
店で試奏しても、正直違いは全くわかりませんでしたけど、特化してるという意味では決して悪い事にはならんだろうという浅はかな考えw
そもそも僕、P-90タイプって使った事無いんで、このモデルが基準になって行くと思います。

付属のギグバッグはLEVY'Sのものでしたが、ちょっと安っぽくて、おまけだし仕方ないか…というレベル。
これは買い直す必要があるやも…。

で、音はやっぱ良いですね。
気のせいかもしんないですけど、ビグスビーのおかげでより良い音になってるんじゃなかろうか?と。
ボディ鳴りが出てくるようになったらもっと良い音出るのかな?と楽しみです。
なので、ガンガンでかい音で鳴らしてやろうと思います。

さ、明日からまた仕事頑張ろう…。

IMGP5904_20120112212712.jpg

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ギター 楽器

Funk-a-lismo! Vol.7 in Club Lizard Yokohama

IMG_0171.jpg IMG_0170.jpg

横浜CLUB LIZARDで行なわれたScoobie Doのライヴ「Funk-a-lismo! Vol.7」に行って参りました。
今回の対バンはカジヒデキくん。
先ずはそのカジくんのお話から…。

カジくんに関する知識と言えば、恥ずかしながら「ラ・ブーム~だってMY BOOM IS ME~」くらいしか知らなかったのですが、僕の中でカジくんと云えば演奏中ジャンプの三大師匠的存在。
コレを観ないでどうする!と云う感じで、今回の参戦となったわけです。
余談ですが三大ジャンプ師匠の残り二人は、LÄ-PPISCHの杉本恭一氏と、マキシマム ザ ホルモンのダイスケはんです。

カジくんのライヴはトリオ編成。
しかもそのトリオメンバーが、riddim saunterのドラムの古川太一氏と、SCAFULL KINGのNARI氏というスゴいメンツ。
なんとベースレス!!
カジくんの弾くアコギとNARIさんの吹くフルートの音色に、太一氏のドラムがドシャメシャに乗っかって来るという非常に面白い展開。
コレはやられました、完全に。
カジくん、スゴイカッコ良かったです!!

唯一存じ上げている曲「ラ・ブーム~だってMY BOOM IS ME~」も演奏してくれましたが、原型をとどめてないくらいのドシャメシャ感が最高にロック!!
カジくんの認識が完全に変わりましたね、ええ。

ってか、カジくんカジくん云うてますけど、僕より2つ歳上です(*´д`*)アハァ

そして、その後はお待ちかねのScoobie Do。
今回のライヴも基本的には昨年の11月に恵比寿LIQUID ROOMで観たライヴと同じなんですが、あの時よりも持ち時間が多少短く、にも拘らずあの時にはやらなかった「KILLING FLOOR」や「アフィルグ」なんかをやってくれて、今回もまた非常に楽しいライヴでした。

ちょっと残念だったのは、リキッドに比べて音が悪かった事。
リキッドよりも会場が狭い分、ステージが近くて良かったんですけど、音はよろしくなかったです。
でもまあ、如何にもライヴハウスって云う感じの音でしたけども…。

いやしかしホントに良いライヴでした。
実はカジくんがScoobieのベースのナガイケジョーの事が好きらしいという話も出て来たりw
なるほど、だからカジくんのバンドはベースレスなのか!と妙に納得してしまったりwwwwww

ワタクシ個人としては、新年一発めにとても良いライヴを観る事が出来、今年もまた沢山ライヴを観ようと心に誓った次第でありました。


…では、今年もまたこの言葉を云わせて頂きます。


やっぱナマは最高ね!

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もゆるゆるとよろしくおねがいします。

Untitled-1.jpg

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。