スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の購入CD

IMG_0929.jpg

今日届いたCDはこの2枚。

Jeff Beck「Emotion & Commotion」
やっと届きました。来日公演に間に合いませんでした。
同時発売になるはずだったベストアルバムの発売延期が原因です。
しかもそれ、発売日未定になっちゃいました…。

The White Stripes「Under Great White Northern Lights」
2007年のライヴドキュメンタリーCD&DVD。
音だけ聴きました。
ヤバいです、ヤバい音してます。
オーラスの「Seven Nation Army」はおしっこ漏れそうでした(小3)。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

最近購入のCD & DVD

最近届いたCD & DVDを一挙。


スガシカオ「サヨナラホームラン」
相変わらずオマケDVDがスゴイ。
しかも今回は過去に付いて来たDVD2枚を一緒に入れる事が出来るケース付き。
なんて気配り!!!

perfume「不自然なガール/ナチュラルに恋して」
何か普通。


Stanley Clarke「Original Album Classics」
初期作品4枚と、クラーク・デューク・プロジェクトのファーストをまとめた5枚組。
これで2,500円なんですもの、買わない手は無いですよね?

MEG「Secret Adventure」
MEGちゃん可愛いっす、可愛すぎます。
ニューアルバムの発売日も決まって、ますます楽しみ☆


Johnny Griffin Quartet / Art Blakey and The Jazz Messengers「The Village Vanguard Club New York 1982」
激安DVD!!!2,021円也!!
まだ観てないんですけど、GW中に堪能します。

「Oscar Peterson The Quartet Live with Joe Pass」
同じく激安!!動くジョー・パス!!
コレも未見。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

KORG monotron




先日注文したKORGのmonotronが届きました。
非常に面白いです!!
けっこう生意気な音してます。
爆音で鳴らしてみたいです。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 楽器

今日の購入CD

IMG_0908.jpg

今日届いたCDはこの5枚。

Lee Morgan「The Cooker」
#1578
Lee Morgan(tp)
Pepper Adams(bs)
Bobby Timmons(p)
Paul Chambers(b)
"Philly" Joe Jones(d)
1957/09/29

Kenny Dorham「Una Mas」
#4127
Kenny Dorham(tp)
Joe Henderson(ts)
Herbie Hancock(p)
Butch Warren(b)
Anthony Williams(d)
1963/04/01

Grant Green「Feelin' the Spirit」
#4132
Grant Green(g)
Herbie Hancock(p)
Butch Warren(b)
Billy Higgins(d)
Garvin Masseaux(perc)
1962/12/21

Grant Green「Idle Moments」
#4154
Joe Henderson(ts)
Bobby Hutcherson(vib)
Grant Green(g)
Duke Pearson(p)
Bob Cranshaw(b)
Al Harewood(d)
1963/11/04,15

Lou Donaldson「Hot Dog」
#4318
Ed Williams(tp)
Lou Donaldson(as)
Melvin Sparks(g)
Charles Earland(org)
Leo Morris(d)
1969/04/25

テーマ : CDレビュー
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ジャズ

今日の購入CD

IMG_0900.jpg
今日の購入CDはこの4枚

「The Best of Weather Report」

Nicki Parrott「Moon River」

「Fly Me to the Moon」

「Black Coffee」

テーマ : CDレビュー
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

今日の購入本

IMG_0896.jpg
今日の購入本は「ベースマガジン」5月号。
特集は9mm Parabellum Bulletの中村和彦。
正直、9mmって全然良いと思えなかったんだけど、人気ありますよね。

今月号はCD付きで、連動企画は「“親指下向き”スラップ」。
下向きスラップって、フリーの影響丸出しな感じであまり好きじゃなかったんだけど、影響を隠そうとしないホルモンの上ちゃんとか、RIZEのkenkenとか見てるとカッコいいなーと思うっす。

BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2010年 05月号 (CD付き) [雑誌]BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2010年 05月号 (CD付き) [雑誌]
(2010/04/19)
ベース・マガジン編集部

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

横浜大楽器祭

横浜モアーズの中にあるクロサワ楽器にて、GW中に大セールをやるそうです。
http://www.kurosawagakki.com/hama_festival/

毎回、意外な掘り出し物とか出て来て楽しいんですよね。
僕は、今は取り立てて欲しい楽器は無いんですけど、観に行ったら欲しくなっちゃうかもしれんなぁ。

お近くの方、お時間のある方、楽器購入のご予定がある方は、是非!

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

今日の購入本

IMG_0887.jpg
今日の購入本は「ギターマガジン」5月号。

特集はジェフ・ベック。
ニューアルバムの話題などなど、来日に併せた大特集でございます。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2010年 05月号 [雑誌]Guitar magazine (ギター・マガジン) 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/04/13)
ギター・マガジン編集部

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

Jeff Beck Live 2

ロックギタリストには2種類しかいない。
ジェフベックとジェフベック以外だ。
こんばんにゃ、ナカムです。

有名なポール・ロジャースの名言で始まりました今日の日記ですが、そんな感じで行って参りました、国際フォーラム2日目。
今回の日本ツアーの最終日です。

基本的には昨日と一緒のセットリでしたが、アンコール2回目がありまして、昨日は演奏されなかった「哀しみの恋人達」を演奏してくれましたよ。
…ただ……、ここんとこタルちゃんのベースソロ入りバージョンばっかり聴いていたので、ソロが無いと少し物足りないですね( ´・ω・`)
ロンダのソロが聴けるかなー?と期待もしたんですけど、アップライトを使っていたので、ソロは無しんこでした。

しかし、ジェフ大先生の、ちがったジェフ大界王さまのギターは今日もスゴかった。
ところどころミスタッチもありましたけど、それを補って余りあるほどの激しい音色。
ちゅばらちかったでちゅ。

特筆したいのは、昨日の演奏ではアンコールでオックスブラッドのレスポ―ルを弾いておりましたが、今日は本編中に一回テレキャスターを持って演奏しておられました。
あれってもしかして、アンコールでジェイソンが弾いているテレキャスターなのかな?
いづれにしても、一回の公演で3種類のギターを持つのって珍しいんじゃないでしょうか。

気のせいかもしれないんですけど、観ていて思ったのは、ナラダとのコンビネーションがいまいち巧くいってないような…そんな気がしました。
ま、気のせいってことで…。

それにしても、何度も言うようですけど、すごい人です。
あ、昨日も書いたか。
でもホント、それしか言葉が出てきません。
まだまだこれからも精力的に活動していただきたいと思う次第です。

*=~*=~*=~*=~*

次のライヴは、5月4日の相対性理論 in 赤坂BLITZ。
そしてその翌日には小島麻由美 in 赤坂BLITZ。
はじめてのやくしまるさん、楽しみです。
2度目のコジマユ、これまた楽しみ。

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ

Jeff Beck Live

IMG_0885.jpgIMG_0886.jpg
今日はジェフ・ベック大先生のコンサートを観賞してまいりました。
いやはや、素晴らしかったです。
昨年よりも更にバラエティ豊かで、非常に楽しかったです。

実は、ニューアルバム「Emotions and Commotions」がまだ届いてないのです。
一緒に注文したベストアルバムが発売延期になってしまったせいで、同梱でお願いしていたニューアルバムもベストの発売と同時に送られてくるということに…。
いやぁ、しくったしくった。
だもんで、新曲の事前聴きこみを一切出来ないまま、当日を迎えることになってしまいました。
いやしかし、それでも充分楽しめる内容でした。

今回まず楽しみにしていたのが、昨年のメンバーとは打って変わったバンドメンバー。
ドラムのナラダ・マイケル・ウォルデン、ベースのロンダ・スミスの演奏は非常に楽しみでありました。

もうね、とにかくロンダごいすー!
アップライトに持ち替えての演奏や、「Rollin' and Tumblin'」ではヴォーカルまで聴かせてくれたり、巧みなタッピングソロも披露してくれたり、「LED BOOTS」はサムピングで弾いてましたからね、すごい女史です。
ナラダのドラムもすげーうるさかったwwwwww
バシドシャグシャメシャ鳴ってて、隣の家の雷親父に「うるせー!!」つって怒られそうなくらいすごい手数でした。
そしてこの二人が織り成すリズムパートは、ヴィニー・カリウタ&タル・ウィルケンフェルドのリズムとはまた違ったグルーヴを生み出して、とてもファンキーでした。

また、前回の来日公演に同行できなかったキーボードのジェイソン・リベロも今回は来日。
昨年のツアーメンバーのデヴィッド・サンシャスは、ヤマハのMOTIF一台であらゆる音を操っておりましたが、ジェイソンはこれまた様々な楽器を巧みに操り、バンドに色を付けておりました。
ヴォコーダーを使ってのプレイが、ジェフのトーキング・ワウを彷彿させる感じで、なんだか非常によかったです。

でもやっぱジェフ大先生。
なんかもうホント、神の領域を超えて、界王さまの領域まで行ってます。
会場に響き渡るギターの音色が美しいのなんのってもうこのやろう。
ちょっと泣きそうになりましたもん、ところどころで。

ヴォーカルレス「People Get Ready」も、ここ最近定番の「A Day in the Life」も、イナバウアーでおなじみの、トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」も、本当に美しく素晴らしい。
希代のエレクトリック・ヴァーチュオーゾは、齢65にして最高の到達点に登りつめました。

アンコールでは、オックスブラッドのレスポールを持って登場!!!
うれしそうに見せびらかしてましたwwwww(こういうところがまた可愛いんですよジェフってば)。
キーボードのジェイソンはテレキャスターを持ってバッキング演奏をしておりましたよ。
アンコールは1回だけでした。

いやほんと、何度も言うようですけど、すごい人です。
明日はツアー最終日。
これまた非常に楽しみ!!

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。