FC2ブログ

Tonium Pacemaker

今ね、コレが欲しいんですよ。


Tonium /Pacemaker 60GB モデル


ターンテーブル2台とDJミキサーの機能を、掌サイズに凝縮した、世界初のポケットサイズDJシステム…だそうです。

前々から雑誌などで見ていてちょっと気になってたんですけど、先日楽器屋でこれの実物を見た時に、あまりの小ささに仰天しまして…。
一気に欲しさ倍増しました。

使い方全然わかんないんですけどね(゚∀゚)アヒャ

何が良いって、楽しそうなんですよね。
操作方法はきっと馴れが必要なんだとは思います。
でも、それさえクリアすれば、非常に楽しいツールになるのではないか?と…。
DJといわず、パーティーだったりライヴだったり、あらゆる面で活躍しそうですよね。

何より持ち運びがラクそう…。
それって最重要課題だったりします。
なんせもうシジューなんで、荷物は極力少なくしたいのですよ、ええ。
キヨシローが云う通り、レスポールが重たすぎるんですよ。

しいて云えば、AUX INがあったらもっと良かったのにな…と。
吐き出す事しか出来ないのは、追々つらくなりますよね、きっと…。

ともあれこのPacemaker、非常に興味をそそられる音楽ツールです。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

夏・全開

今日は海の日ですね。
仕事してたわたくしとしましては、「…で?」っていう感じですけども。

、海と云えば…TUBE?
TUBEもかれこれ20年以上活動を続けて来て、と云えば…のイメージをすっかり定着させて、すごいなぁと思います。

古くは、高中正義さんなんかがの定番でしたよね。
あのギターの音色が、を暑くしたり涼しくさせたり。
彼の影響もあって、「ギターインスト=」っていう印象が、いまでも僕の中にはあります。
Depapepeや押尾コータローさんもになると聴きたくなりますね。

最近だと、キマグレンなんかが夏や海のイメージを踏襲しておりますね。
夏が来たら聴きたくなる筆頭なのではないかと思われ…。
彼らは出身が逗子ということもあって、そういうのも大きく影響しておりますね。
毎年恒例の海の家イベントなんかも、イメージ定着に一役買ってます。

ちょっと前だと、ケツメイシなんかも夏のイメージでしたね。
「よる☆かぜ」は名曲ですね。
「夏の思い出」も、僕にとっての夏の思い出として永遠に刻まれております。

最近ご無沙汰ですがw、オレンジレンジも夏のイメージが強かった気がします。
「上海ハニー」や「ロコローション」なんかは云わずもがな、アルバム収録曲は夏向けの歌が非常に多いですね。

夏というとやはり、激しく盛り上がろう的なイメージが強いですよね。
夏フェスなんかが多く開催されるのも、つまりはそういうことなのかしら…と。

ただ、夏の夕方の、静かな雰囲気もまた良いじゃありませんか。
古くは「Summer Time」なんかが、静かに漂う夏の夕べ…って感じだし。
大手を拡げて夏・満喫!!的なものだけじゃないのもまた、夏の楽しみですよね。

皆さんは今年の夏、どんなロックを聴きますか?

ORANGEORANGE
(2007/07/25)
ORANGE RANGEソイソース

商品詳細を見る

RANGERANGE
(2007/07/25)
ORANGE RANGE

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック

ベースをピックで弾く美学

今日はベースを弾く時のお話。

僕は個人的にはベースは指弾きやスラップする人の方が好きなんですけど、ピックで弾くベースというのも、非常にロック的でカッコいいなあと思うようになりました。

ピック弾きは指で弾くのともスラップするのとも当然違う…ましてやギターをピックで弾く時とも全然違う音が出ますよね。
弾き方もいろいろありますが、各弦を優しくはじいていく時もあれば、打楽器の様に叩きつけるように弾く時もある…。

この場で指とピックのどちらが優れてるとか、どちらが正しいとかを論じるつもりは毛頭ございませんが、スラップでバッキンバッキン弾くのもカッコいいけど、ベースの位置を低くして、ピックでバッキンバッキン弾くのもカッコいいなというのを最近は感じます。

どちらも男気溢れる感じではありますよね。

ベース・マガジン 究極のピック弾き練習帳(CD付き) (リットーミュージック・ムック)ベース・マガジン 究極のピック弾き練習帳(CD付き) (リットーミュージック・ムック)
(2008/06/10)
前田 久史

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック ベース 楽器

今日の購入本

今日の購入本は2冊。
090718_1823~0001
1冊は毎度お馴染み「ベースマガジン」8月号。
今月はスラップ特集です。
歴代スラッププレイヤーを大々的にフューチャーしての大特集です。
今年還暦のナルチョこと鳴瀬喜博氏と江川ほーじん氏の対談も読み応えあります。
今月はCD付き!

090718_1823~0002
そしてもう1冊は、「ミュージックマガジン」8月号。
昨年10月号での特集に引き続き、二度目のPerfume登場。
ニューアルバム「△」の発売に併せての最新インタビューと、前回の特集時のCD/DVD全解説をさらに掘り下げて、今回はなんと全曲ガイド!!
「OMAJINAI★ペロリ」から「The best thing」まで、余す事無く解説しております。
なかなかの読み応えで、ファンは必携ですね。
前回の特集号はあっという間にソールドアウトでしたから、こちらもお早めに!

3連休のおかげで発売日が早まっております。
まだの方は是非!

BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2009年 08月号 (CD付き)[雑誌]BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2009年 08月号 (CD付き)[雑誌]
(2009/07/18)
ベース・マガジン編集部

商品詳細を見る


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 08月号 [雑誌]MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/07/18)
不明

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック

今日の購入CD

090715_2053~0001

Madeleine Peyroux「BARE BONES」

CHICKENFOOT「CHICKENFOOT」

実はこの二枚を選んだ理由は、どちらも大好きなドラマーが叩いてるからです。
マデリン・ペルーのアルバムにはヴィニー・カリウタ、チキンフットのアルバムにはRHCPのチャド・スミス。

まだ聴いてないので、感想はのちほど。

テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

今日の購入本

090715_2053~0003
今日の購入本、先ず一冊目が「Sound & Recording Magazine」8月号。
表紙をご覧戴くとお分かりのように、「復活!砂原良徳」大特集。
電気グルーヴの大復活を受けて…かどうかは知りません(多分違う)が、8年ぶりにまりんが音源を発表します。
それに伴い…かどうかは知りません(多分違う)が、夏フェスに出まくってます。
まりん完全復活の日は近い。
僕と同い年、今年シジュー、期待しております。

他の特集としては、SONAR V-STUDIO 100の徹底解剖が面白かったです。
最近すっかりこの手の機械に疎いワタクシですので、非常に興味深い機材が出て来たなーとしみじみしておりました。
値段もお手頃…ってかこの機能にしてこのお値段はお安い!!
ちょっと欲しいです、本気で。

090715_2053~0002

そして2冊目は「NEWS WEEK」7/22号
マイケル・ジャクソン特集です。
豊富なカラー写真と様々な検証で綴るマイケルトリビュート。
永久保存版です。

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2009年 08月号 (CD-ROM付き) [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2009年 08月号 (CD-ROM付き) [雑誌]
(2009/07/15)
サウンド&レコーディング・マガジン編集部

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

今日の購入本

090714_2012~0002

今日の購入本は「Jazz Life」8月号。

特集は「ジャズ・ギター新たなる潮流」
マイク・スターンの最新インタビューや、新進気鋭のギタリスト、ジュリアン・レイジのインタビューが必見です。
今月末に発売になる「JAZZ GUITAR 2009」と併せて、この夏はギター三昧!ってことでしょうか?

第2特集は「BOSSA NOVA」。
これまた夏に相応しい特集でございますね。
ベース目線とギター目線、両方から楽しめます。

jazz Life (ジャズライフ) 2009年 08月号 [雑誌]jazz Life (ジャズライフ) 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/07/14)
不明

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

E.L.L.Live

今日は仕事帰りにお友達のバンド、E.L.L.のライヴを観に行ってきました。
横浜は関内のBAYSISでのライヴだったので、帰りに立ち寄るには絶好の場。
その上帰りも近くていいです。
皆様もライヴを演る時は是非関内で!

そしてE.L.L.、非常に良かったです。
楽しかったです。
演奏者の皆さんがとても楽しそうで、こちらも楽しくなってきます。

やっぱ楽しくなけりゃライヴじゃないじゃん!!ってな具合で。

前回のライヴこちら

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック バンド ライヴ

白ムス三銃士

もうね、ギターは暫く買わない!と心に誓ってたんですけど、今猛烈にコレが欲しいdeath。
ナカムです。
ムスタング好きの人なら知らない人は居ないとさえ云われる(かどうかは不明)、横須賀のSOUND LOFTさんが、10周年を記念して組み上げた究極のジャパフェンムスタング!

仕事が忙しくて、全然観に行けないので、毎日ネット上から観察しております(理科!?Σ(゚д゚lll)ガーン

でもコレ買ったらきっとチキドンで使うでしょ?
そうすると、白ムス三銃士になっちゃう(*´д`*)アハァ

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ギター 楽器

FC2トラックバックテーマ  第772回「再結成して欲しいグループは?」


FC2トラックバックテーマ  第772回「再結成して欲しいグループは?」



FC2のトラックバックテーマが音楽ネタだったので、コレは是非書きたいと思いまして…。
こんばんにゃ、ナカムです。

先日ユニコーンが再結成され、僕の中での最大級の再結成期待バンドは無くなったに等しいのですが、それでもまだ、再結成して欲しいけど当面は期待出来そうもないなーというバンドが数多く存在します。

先ず何と云ってもHi-STANDARD。
これはもう、AIR JAM世代ならば誰しもが思っている事でしょう。
もはや僕の場合、死ぬまでにハイスタのライヴを生で観る事が出来たら、思い残す事はありません。

同じAIR JAM系では、SUPER STUPIDなんかも再結成して欲しいバンドです。
ハイスタもSUPER STUPIDも、解散ではなく活動休止状態なんですけどね。

それからFlipper's Guitar。
これもハイスタ同様、現時点での再結成は限りなくゼロに近いですね。

しかしながら一番観たいのは、やっぱアレしか無いですね。
PRIMUSです。
彼らのライヴを生で観れたら、嬉ション座りながら漏らしますね間違いなく。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード