スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYO GUITAR SHOW 2009

IMGP2937.jpg IMGP2938.jpg

昨日は、有明のTFTホールで行われてた「TOKYO GUITAR SHOW 2009」に行ってきました。

きらびやかなギターがずらりと並ぶ各社の出展ブース、BOSSのエフェクターが試奏出来るコーナー、そしてライブ会場やデモコーナーなど、見どころ満載で非常に楽しかったです。

しいていえば、もうちょっと突拍子もないギターが置いてあると、もっと楽しかったんですけども…。
上に載せたジオラマギターも面白いんですけどね。
レアなメーカーのレアなモデルとか、そういうのがあったら楽しかった…かな?
どうかな?どうだろ?(゚∀゚)アヒャ

でも、ふだんなかなか近くでは見られないものも沢山ありましたので、それはそれで非常に楽しかったです。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ギター 楽器

今日の購入CD

今日届いたCDは4枚

090627_1033~0001

Dinosaur Jr.「Farm」
Jのギターが炸裂しまくってます。
こういうの聴くと影響モロ受けるんですよね。
前作も良かったけど、今回はホントに良い。
好きだなー。

椎名林檎「ありあまる富」
林檎の今…という感じで、けっこー好きです。
最新型椎名林檎ですね。
カップリングも良かったです。

椎名林檎「三文ゴシップ」
最後のマルサが蛇足だけど、全体的には好き。
非常に成長を感じるアーチストですね、椎名林檎という人は。

The Mars Volta「OCTAHEDRON」
どんどん内側に向かっていってるようなダーク感が好きです。
ジョン・フルシアンテの影響も多分にうかがえますね。

テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック CD

RYTHEM「Acoustic PoP Tour'09」

今日はRYTHEMライヴ「Acoustic PoP Tour'09」に行って参りました。

主にピアノのユイと主にギターのユカ、2人からなるユニットのRYTHEMは、その美しいハーモニーとかわいらしい容姿が相まって、非常に愛らしい唄を披露してくれました。
普段、ライヴの時はバックバンドを従えての演奏なのですが、今回はピアノとギターと、Macに打ち込んだバッキングのみ、2人だけの演奏でした。

小さい身体で力一杯打鍵するユイと、軽やかなストロークでギターを刻むユカ。
2人の演奏は、ささくれ立った僕の心を癒してくれましたよ。

RYTHEMといえば、2人が交互にヴォーカルを交えながら、美しく奏でるハーモニーが特徴的です。
これがRYTHEMの原動力であり起爆剤なのですね。

それにしても2人とも可愛い!!
めっちゃ可愛い!!
オジサンは2人のかわいらしさに終始ほころんでおりました(*´д`*)アハァ
時折ギャグを交えて会場を笑わせるユイちゃん、歌声通りのMCで一生懸命会場を盛り上げるユカちゃん。
2人の力がお客さんを幸せな気分にさせてくれる、非常に良いコンサートでした。

ツアーもラスト一日。
名古屋E.L.L.で最後です。
お二人とも最後までがんばって!
ぎゅっとして feat.常田真太郎(from スキマスイッチ)ぎゅっとして feat.常田真太郎(from スキマスイッチ)
(2009/07/29)
RYTHEM常田真太郎

商品詳細を見る

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ

【訃報】マイケル・ジャクソンさん

マイケル・ジャクソンさん死亡と云うニュースが全国を駆け巡っております。
こんぬつわ、ナカムです。

キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソン。
もはや彼の事を知らない霊長類はいないのではないかとさえ思われる、偉大なる世界的ミュージシャン。
数々のヒット曲と、幾多のスキャンダル、そして奇行。
それら全て、ポップスター・マイケルがあまりにも偉大すぎる証し。
こんなすごいミュージシャン、他に居ない。
ワンアンドオンリー。

先日のキヨシローの逝去の時にもそうだったのですが、マイケルもまた、僕の中では勝手に「彼は死なない」と思っておりました。
それ故に衝撃が走りました。

僕のマイケル初体験は、1983年。
当時中学2年生の僕は、姉が買ってきたアルバム「スリラー」によって、マイケルの事を知りました。
「Billie Jean」や「Beat It」を大ヒットさせ、アルバムからカットされた「Thriller」のPVは爆発的に話題となりました。
マイケルが世界的に名を馳せたのは、やはり此処からだったのではないでしょうか?

その後の快進撃は云わずもがなですが、それと同時に話題になる数々の奇行によって、キワモノ扱いされてきたことも否めません。
しかし、マイケルなくして現代のポップミュージックはありえない。

50歳…まだまだ歌えたに違いない。
今はただ、その死を悼むばかりです。

マイケル・ジャクソンさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

スリラー 25周年記念リミテッド・エディション(DVD付)スリラー 25周年記念リミテッド・エディション(DVD付)
(2008/02/20)
マイケル・ジャクソンヴィンセント・プライス

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

今日の購入本

090624_1927~0001

今日の購入本は「ウクレレ・マガジン Vol.3」。

毎年夏が近づくたびに、ウクレレが欲しくなります。
かれこれ15年以上も前に買った1本があるのですが、それはソプラノなので、コンサートウクレレが欲しいなあ…と。

で、欲しい気持ちに拍車をかけるが如く買って来たこの一冊。
ヤバいです、思った通りますます欲しくなりますw

ジェイク・シマブクロさんのスペシャルインタビューや、サザンオールスターズの関口和之さんのウクレレ・バイヤーズガイドなどの特集が組まれております。

あー、ウクレレ欲しいな。
夏が終わる前に。

ウクレレ・マガジンVol.3 ~ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE Presents(CD付き) (リットーミュージック・ムック)ウクレレ・マガジンVol.3 ~ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE Presents(CD付き) (リットーミュージック・ムック)
(2009/06/15)
アコースティック・ギター・マガジン編集部

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 楽器

今日の購入本

20090621145607
今日の購入本は、ミュージックマガジン7月号。
特集は「菅野よう子の全仕事」。

菅野よう子さんの幅広すぎる程の音楽センスは特筆に値します。
彼女の名前を一躍有名にした「カウボーイ・ビバップ」や、近年では「創聖のアクエリオン」や「マクロスF」など、大ヒットアニメの音楽を手掛けてきた菅野さん。

しかしながら彼女の卓越したセンスは、アニメ音楽の枠を超えて、CMや映画、あるいは楽曲提供など、様々な世界で聞くことが出来ます。

彼女の音楽をそれと知らずに耳にしてるヒトも、きっと沢山おられるのでしょうね。

それだけにまだまだ彼女は過小評価されてると思います。
今回の特集を機に、菅野よう子という音楽家の評価がもっともっと高くなると良いなと思いますね。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/20)
不明

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

謝辞

本日はイルカマニアのライヴでした。
お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。
つたない演奏ではございましたが、楽しんで頂けたのなら光栄でございます。
また近いうちに皆様とお逢い出来る事を楽しみにしております。

近々、今日録画したものや、撮影して頂いた写真などを各所にupしていきます。
是非お楽しみに。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ロック バンド

今日の購入本

20090619225800
今日の購入本はベースマガジン7月号。

特集はメンテ&カスタマイズ完全ガイド。
この特集は非常に面白い!
Dチューナーやバダスブリッジの交換作業が、カラー写真付きで読むことが出来ます。

そして、ワタクシの大好きなベーシスト、プライマスのレス・クレイプールの特集も出ております!

他にも様々なベーシストのインタビュー記事が出ております。

BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2009年 07月号 [雑誌]BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/19)
ベース・マガジン編集部

商品詳細を見る

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

Vote Us!!!

皆様こんばんにゃ。

ナカムです。



今日は、このブログをご覧になっている皆様にお願いがあってやってまいりました。


まずは下記のアドレスにアクセース!

http://emeets.jp/pc/artist/1029.html

そして、清き一票をお願いいたします☆。




1日一回
3日で三回。
3歩進んで2歩下がる(だめじゃん)。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 音楽

【ネタバレ】「Walkin' in my shoes Tour 2009」2本目【注意】

昨日は神奈川県民ホールで行なわれた、山崎まさよしさんのコンサート「Walkin' in my shoes Tour 2009」に行って参りました。
3月のよこすか芸術劇場以来2回目。
よこすかはツアー初日でしたが、そこから3か月かけて今日に至ったツアーが、どのようなものになっているか楽しみでした。

例によってネタバレ注意です。
内容の大筋は変わっておりませんでしたが、選曲に若干の変更あり…そして特筆したい部分がいくつかあるので、そこに重点を絞ってレポートします。

まず前回タイトルも解らなかった新曲が、今回はアルバム発売後という事もあって、改めて聴き直すことが出来て良かったです。
まさやんの声もおおむね順調、すごくよく伸びてました。
広島公演で声が出なかったという話を聞いて心配しておりましたが、全く問題なかったです。
むしろ、昔よりも声が伸びてたような…。

よこすかと違う曲としては…まず「花も嵐も」のロックンロールバージョン!!
イントロのギターが、「あれ?あの曲?」と思わせる弾き方で、ちょっと気になってたのですが、中盤でまさしくその曲、RCサクセションの「雨上がりの夜空に」をやり始めたのです!!!!!!!!!
奇しくも外は雨…まさやんなりのキヨシローレクイエムでした。

そして、神奈川県民と云えば横浜、横浜と云えば当然ワンモアくん。
よこすかではやらなかった「One More Time One More Chance」を、見事に演奏してくれました!!!!
演奏はエレキギターでした。
でも、「オーガスタキャンプ2007」で観た時のエレキワンモアより、断然昨日の方が良かったです。
ストラトの音色と、揺れるトレモロサウンドがベストマッチでした。

そう、今回観ていて思ったのは、まさやんは今まさにエレキ時代に突入してるんだな…と。
マディ・ウォータースでいうところの「Erectric Mud」なんだな…と。
ボブ・ディランが、ニール・ヤングが、RCサクセションがそうであったように、まさやんも今、必然的にエレキを持つ時が来てるんだなと思いました。
だってすごいもん、ギターソロとか。
ますます巧くなってる。
シカオちゃんもすごいけど、まさやんもすごい。

ちょっと話が逸れましたが、そんなわけで今回のワンモアくんエレキ版は、まさやん史に残る名演だったのではないかと思います。

また、やはり横須賀ではやらなかった「セロリ」もやってくれて(アコギ)、アンコールのアコギメドレーはかなり充実した状態になっておりました。
今回は、すか芸の席よりも低い位置(それでも2階ですけどw)で観れたので、オペラグラスを使って手元までじっくりと観察させて頂きました。
「セロリ」のイントロの押さえ方が、おれがやってたのと違う!とか(゚∀゚)アヒャ

ただ、席が下手側の一番端だったこともあって、ベースの中村キタローさんの手元はあまりよく見えなかったです。
ですがキタローさん、ピョンピョンと跳ねながら弾いたり、シンセやパーカッション(ティンバレス?)を演奏したり、マイクを客席に向けたりのファンサービスたっぷりで、本当に楽しそう。

ドラムの江川ゲンタさんも、相変わらず茶目っ気満載で可愛らしい。
だけど彼のドラムは本当にすごい。
まさやんの独特のパーカッシヴなカッティングにピッタリ合ったグルーヴを叩き出しておりました。
キタローさんもゲンタさんも、まさやんバンドの、いや、山崎まさよし楽団の一員として、単なるサポートメンバー以上の演奏を見せつけてくれました。

他にも、MCでの携帯ウォシュレットの話とか、書きたいことはいっぱいあるんですが、長くなるのでこの辺で…(充分長いよ!とかいうツッコミは聞こえないふりします)。
本当に素晴らしい演奏、素晴らしい時間を満喫出来て、とても感動しました。
まさやんありがとう。

CA3A0142.jpg

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ライヴ

プロフィール

ナカムー(*・ε・*)

Author:ナカムー(*・ε・*)
レッチリのように熱く。
メタリカのように重厚に。
ニルヴァーナのようにエモーショナルに。
プライマスのように変態的に。

そんなロックばかにワタシはなりたい。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。